SEASON
Sep .2018-2
Nagoya
9月26日〜27日にかけて、用事が出来て名古屋へ行くことになりました。
初めての名古屋だから、用事が終わったら、あれこれ、、どこかに行こうという思いが強かったが、時間もないし、欲張っても、、。とはいうものの、矢張り、趣味の目的での街歩きとなりました。26日は前泊ということで夜遅くにホテルにつきました。ホテル選びも実はこだわっていました。
名古屋観光ホテル、、とはいかなかったので、名古屋国際ホテルへ。ここも歴史あるホテルでしたし、用事もあったので、、。平日ということもあり、安く泊まれたのは幸いでした。生憎の雨で、傘を持たねばらなず荷物が多くなってしまったのには参りました。あまり時間が無かったので名古屋駅周辺の下調べはあまりできず、目的地をいくつか決めていた程度でした。駅で、周辺の情報のリーフレット探しが大切ですね。
どの街でも、大きな駅ならなおさら、色々な情報を伝えるものが今はあるから便利ですね。ただ、名古屋の町並みや、路線図などの詳細な情報源はホテルのラックにありました。初めての街歩きには有効でした。
翌27日も午前中は雨でした。用事は実は午前中に終わりました。午後からは
自由な時間。すぐに帰るのはもったいないから、予定通りの街歩き。目的は
ホテルです。驚いたのは、ホテルで入手した名古屋駅近辺のガイド誌。
そこには112ものホテルが!目的は歴史あるホテルとその跡を訪ねてのつもり
だったが、近代創業の知らないホテルがこれほどの数になっているとはという
ことでした。勿論時間もないし、目的のホテル、場所を歩くのが今回の目的
ということでぶらりが始まりました。まず、駅に面した風変わりなビルに驚き
を感じ、コンコースに上の写真のような、大きな女性!?が立っているのに
ついカメラを向けてしまうのは私だけでしょうかね。流石に怖くて近寄れません
でした、、なんてね。
まずは駅ビルに併設されている名鉄ビルの11階以上にある、
名鉄グランドホテルへ。ラベルをもらい、パンフをもらい、すぐに降りた。
そして、この向かいあたりに、かつてあった名古屋都ホテル。今は
豊田ビルとなっているが、、当時の雰囲気は絵葉書でしか知らない。
ちょっと前にテレビ放映で、このホテルのロビーなどの写真を求められた
が、生憎無くて、外観の絵葉書の画像だけを提供したことがありました。
そして、メイン?の名古屋観光ホテルへ。今では名古屋でもっとも
歴史あるホテルとしての存在。戦前からの面影は戦争もあったし
改装したから、初期のホテルラベルに描かれたものとは全く違い
高級化路線?のホテルの存在に。ここでは、事前に連絡をいれ、
かつてのラベルを見せて、現代のラベルを得て、、退散。時間も
無かったし、次、、へ足早に外にでた。いつか、ここに泊まることは
あるかな、どうかな、、というところでした。
名古屋駅から、広小路通りを通り、名古屋観光ホテルから錦通へ。再び
昨日泊まった名古屋国際ホテルを通り過ぎ、地下鉄の栄駅方面へ。
十字路を渡ると、広場が。遠くにテレビ塔がそびえていました。あとで
調べたら「セントラルパーク もちの木広場」 というところでした。雨は
もうなく、歩いて汗がでるくらいになってきました。こうした中でのこの景色は
気持ちいいものでしたね。ちょっと一休みでまたこの先まで歩きました。
趣のある街灯の飾りがよかったですね。
名古屋での目的は、かつてのホテルの場所の特定。名古屋ホテル、名古屋万平ホテル、そして、観光ホテル丸栄。
こんなのを目的でブラブラする人は殆どいないでしょうが、、。かつての名古屋万平があったであろう、今日の東海
テレビに足を運んだものの、受付では、、戦前のことでもあるし、、知らないとのこと。事前にもう少しよく調べておけば
よかったか、、。あまりに年月がたち、都市の景観が変わってしまったから、、仕方の無いことではある。
時間もなく、これで終了とした。栄駅まで戻り、地下鉄で名古屋駅へ。そして帰路となった。また来るとなれば、今度は
名古屋城にも足を運ばねば、、。これもまたホテルがらみではあるが。ともかくも、こうした機会を得たとは幸いだった。
Mayfair