SEASON
Aug .2017
夏の色
今年の人形町の陶器市は8月7日から9日の3日でした。例年雨にたたられるけど、初日の夕方だけで済みましたが、8日は酷暑でしたね。今年は初日にカメラを持って回ってきました。
 なんか例年とは出店地域が違うのか、撮った写真はいつもとは違った視点のものでした。いつも、買わずに風情を楽しむだけの通行人で出店者には申し訳ないのですが、今年も風情を楽しませてもらいました。
 今年は逆の方から出店を覗いて歩いていました。なんかこれ、、というのが見つからないうちに片側の端まで来てしまいました。陶器ではない、この綺麗な飾りに足が止まりました。
 風鈴のように音が清涼感を与えるように、これらのクリスタルの光はほんの小さいものでしたが、カメラに撮って拡大してみたら、しっかりとピントが合っていて綺麗に撮れていました。
 今年は本当、目を引く陶器、器、人形がみつけられませんでした。面白かった、色々な形の箸置きが目を引きました。他のお店では、100円でごちゃこちゃ売っていたのだけど、これらはよくみると個性的でたのしいですね。
 陶器市でもよく見られる招き猫くんもこれくらいでしたね。そして、すぐ近くの店では備前焼の夫婦人形が鎮座していて面白かったです。
 こうして変わったのを紹介しましたが、勿論、陶器市はこんなふうに陶器をしっかり並べています。暑い中驚くほどの人出でしたが、陶器って、そんなにいっぱい必要かな、、と余計な心配。
 結局、見た目の面白さ、綺麗さで楽しむ陶器市でした。お店の名前も知らず、買うこともなくすいませんでしたね。でも、こうして今年の夏の風情をたのしませてもらいましたから。
 全国こうした陶器市でも出会うこともあるでしょうけど、この一瞬のラインナップはやはり、今回この場でのこと。来年また同じ陶器君たちに出会えるかどうかはわかりません。ともかく、今年もいつもとは違った町の様子を味あわせてもらいました。