2014 6月
SEASON
 6月10日、11日の展示会に出品しました。このところの工作はこの日のためのものでした。正面に棚を作って缶を並べボリューム感を持たせました。結構目を引いていたようですね。例年は手前のような低いひな段の展示ですから、今年のように缶類を並べられれば立体的になれますね。それぞれの展示品を収納するものを作っていたので、展示も、撤収も楽に行えました。
 11日は天気が悪く、撤収の時は雨に降られて散々でした。ともあれ、私が行って展示を手伝える所はここで終了。後は、地方で他の人達が展示をすることになります。でも、そうしたセットはまだ作り続けないといけません。

夏のお楽しみ
 今年も田園調布のレピドールさんの夏のクッキーが発売されました。新作は2種。今年の味は7つです。楽しみのバトンフロマージュが、シュガーサムの黒糖版の登場と、食べ始めたら止まらない味ばかりです。
 毎年限られた数の品だけに、この味を知らずに過ごしてしまう人も多いでしょうね。缶のデザインもまた変わり、それらを楽しみとしている人もいるでしょうね。
 今年もまた新しい人に紹介できてよかったです。きっととりこになって、次を待ちこがれるでしょうね。

五月のあじさいです。雨が降らないで季節はずれの暑さ続きで、やっと梅雨が来たと思ったらもう枯れ始めていました。日差しの強い朝に撮りました。今年も綺麗な、大きな花を咲かせて美しいですね。

今年は早い時期から展示会の準備ばかり。前回四月の展示会以来、六月の展示会の間までなんだか工作作業ばかり。これから本番となるだけに、これらが基本となる?のか。ともあれ、近年のものを作りなおし、修正をしないといけない日々となりそう。
 4月の展示台をそのまま使用しようかと思ったのですが、コマの大きさが倍に。仕方なく、3ケも新たに作ることになってしまいました。今年は化粧缶がメインのような感じで数が増えてしまっています。
 これも、輸送には向かないだけに、今回限りの者となりそうですが・・・。
 ヒイラギの収納箱。既に作り直し。昨年作ったばかりでしたが、、壊れてしまっていて、、、。
 新しい黒のスチレンボードで、ひな段作りでした。今までは五段のものでしたが、今回は七段のものまで。白だけでは面白くないので、銀のネーマーシールを貼ってみました。綺麗なうちはいいけれど、指紋など、手の油などで汚れが目立つんです。ただ、これらの段の上にはヒイラギやメレンゲ、プラスチックなどを載せるから見えなくなるのですがね。
 下手をすると、これらと同じのをまた作らないといけないかもしれません。あ〜あ作るの楽じゃないんですけどね。

 メレンゲも内容が変わって、限られた数のものを展示ということで、レイアウト変更でした。結局毎年作りなおし!?
 プラスチックの展示も初めから作りなおし。100種類を超えるものでした。結局1日がかりでしたね。ボックスは黒にしてみました。さて、来年までちゃんと使えるかな、、、。

 さて、こうした作業の中で、昨年同様同行販売用のボックスを今年はちょっと凝ったのを作ろうとしていました。このトランクラベルの現実味、リアル感を判る人は日本に何人いるでしょうかね。100年近く前の旅人のトランク再現でした。
ちょっとした手違いで、失敗。だから、家に持ち帰ってしまいました。一応はビュトン風でアレンジしてあります。皆欲しがっていましたが残念でした。欲しければ自分で作りましょう。
Mayfair