2014?@4??
SEASON
もうクリスマス?!
 業界ではもうクリスマス商品を確定しているようです。恒例の展示を見に行きました。どうも今年はめぼしいのが無い?ようですね。のんびり見れなかったこともありますが、うちでは取り扱うことは無いかもしれないけど興味あるものを写してきました。半年以上先のことですが、今年も楽しいクリスマスをどう演出するか考えるだけでもワクワクしますね。

 横浜へ。東口のポルタの入り口で待ち合わせをしていた。ふと見上げるとこのステンドグラスが。結構大きなものだが、皆下に降りるエスカレーターで上部にあるこのステンドグラスには気づかないのかもしれません。街中では、こうした建築物の装飾があるものだが、気づかれないでいるものが多いのではないか。先月の銀座のオアシスではないが、街中のステンドグラスはその大きさから気がつくとあっと思わせるものが多い。気持ちの余裕があって発見できてよかった。小さな画面に釘付けになっている人には街中のこうした小さな感動さえも見逃してしまっているのでしょう。

???フ????
おそらく、毎日日本のどこかで必ず行われているであろう展示会。商品をアピールする場として当たり前のように行われています。その展示に関しては見る側は簡単に見過ごしてしまうものでも、それらを形にするために多くの人が関わっているのは常である。
 今回は正栄食品の110周年という記念のものでもあるし、せっかく出展するのだから、いつもとは違ったものを作らないと・・・という気持ちでした。時間が無くて、数を作らないといけないという思い。間口が2メートル程度の決して大きくはないスペース。気持ちは特別なものをという思いで作り始め、なんとか完成して、展示して・・あっという間に終わってしまう。2日で50000人の来場という人達のどれだけの人がしっかり見てくれたでしょうかね。同じものはもう作らない。一度だけの、ちょっとした機会があって作った場面は作る側のほうが楽しかったのかもしれませんね。せっかくのものだから、画面に残しておきました。
 殆ど思い通りのものが出来ました。台も枠もともかく、思いつくままの作業でした。ともかく、時間が無かったですね。
私が作ったのはこれらの
七つのシーンでした。
クリックして大きく
見てくださいね。
ケースのサイズは24
センチ立法でした。
 ブリキの化粧缶はみんなが興味深く感心を持っていましたね。そして、左の回転獅子舞。乳飲み子が大変喜んでいました。一番の関心物だったようです。
 ともかくもこうした展示物がうちだけだったから、よかったのかもしれませんね。
 後楽園球場の隣のプリズムホールはこの日初めてその場に足を踏み入れました。2014年4月15日、16日の貴重な思い出となりました。来場者は大きなお菓子のプレゼント、会場での試食でおなか一杯にして楽しい時間を過ごしていましたね。

???フ????
 4月の1週で結局は桜の見ごろは終わってしまって。少しずれて、八重桜が咲いていました。これもそう長くは無いかも。ともかくも、桜の色が街を飾った時は流れ、夏へと続いてゆきます。心地よい瞬間は長くは続かないのが世の常なのかもしれません。

 昨年3月末、桜の季節の最後の頃だという思いで茅場町の橋から眺めた桜の樹。一年経ちました。
今年は3月30日が満開。生憎の天気だったから、週が明けて好天の桜の花見となりました。満開の桜
の写真を撮る人が多かったのが印象的でした。
 日差しが強かったから、その輪郭を撮るのは時間かかった。ソメイヨシノはかくも白い花びらなんですね。桜=薄桃色のイメージなのですが、こうして写真を撮ると殆どが白い花びらですね。
 青空に映える桜の花かざり
 この日の帰り、田園調布へ。駅前の桜は満開でしたが、暗くて写真は撮れませんでした。そして帰りに得たケーキはサクラの柄の和食器に入ったムースの上にサクラの味のゼリー。桜の季節の旬を味わいました。

 日が変わって4月2日。この日も日差しがありました。人形町方面へ。関山の前の桜は矢張りまだこのようなつぼみでした。周りのソメイヨシノの満開の時期をずらしての満開が楽しみですね。
 この通り沿いもソメイヨシノが多いのですが、ここに桃色のかわいいつぼみをつけた桜が競うようにその姿を披露していました。
 歩いていると、シダレザクラを見つけました。まさにしだれるように長い枝に少しずつ花をつけた桜でした。ほんのり桃色がかった桜です。
Mayfair