SEASON
2013  Autumn to Winter
 夏の暑さが秋まで続きふと気づいたら、もう秋。それも10月の暮れ。ハロウィンの日にようやく、お店に貼られたシールを撮りにゆくことができました。どんなふうに使われているのかと思いましたが、なるほど。感心しました。とはいえ、あれほど早い時期からハロウィンと騒いでいたのにもう終わってしまいました。クリスマスには雪景色になるだろうから、そのシールに彩られたウインドーがまた楽しみです。
 私にとっての秋の体感は毎年のこの府中でのひと時。何度かカメラを変えながらこの紅葉を綺麗に収めようと思いながらも、毎年後悔ばかりで。今年も、、矢張りだめでした。カメラのせいにしてはいけませんね。
 池の水面を気持ちよさそうに泳いでいた鴨くらいでしょうか、ちゃんと撮れたのは。
 今年も好天で楽しめた一日。歴史に残るレースが終わり、毎年のように、夕焼けを楽しみながら暮れてゆく。そしてまた来年のこのときを期待している。

 11月の最終日。遅まきながら近くの秋を探しに。もう遅かったようで、すっかり落ち葉ばかり。かろうじていくつかの木がこうして赤く、黄色い葉をのこしていました。もうススキも出始め、逆に青々とした葉も見える。晩秋というべき季節です。身近な光景も意識しないと見逃してしまいます。でも、自然の木々たちはしっかり季節を受け止めてその姿を変えています。寒くなってきたとはいえ、こうした季節の、自然の移り変わりをゆっくり肌で感じて過ごすことも必要ですね。何時もデジタル漬けの生活はいけませんね。
Mayfair