3/22-23
ラコリーナ(近江八幡)& 大 阪
 昨年のこの時期は軽井沢へ行っていました。今年は初めての地を訪れることに。仕事の打ち合わせということで、会社本部のあるここ滋賀の近江八幡へ。HPを見て、驚きの光景だったので、是非来たいと思ってしまいました。遊園地でもないのに、それだけの規模なのに、ここは何?こんなところがあったんだなとという思いもほんの限られた時間でおしまいになってしまいましたが、また来たいと思うし、いつか、一度は行ってもらいたい所ですね。
駐車場から敷地への入り口は小さなゲート。そこを入ると、一面の広い敷地に自然の光景が。目の前の大きな建物は生憎一部工事中のようで、クレーンが見えますが、この中はショップなんです。これだけを見て此処は何?と思ってしまいますね。
 建物の中に入ってみました。時間は丁度お昼を回った頃。既に多くの人がいました。百貨店でよく見る「たねや」のどら焼き、、。クラブハリエのバームクーヘンのショップに並んでいましたね。右上の写真はお菓子の木型でしたね。壁一面に飾ってありました。
 ショップの中を通り過ぎて外へでてみました。さらに中庭的な広場でした。回廊のようになっている道を進んでいって今度はガレージショップがありました。ワーゲンのバンが外にあり、中にはシトローエンのバンがありました。車好きなんですね。この大きな庭も、季節が盛りとなれば、更に生い茂る植物で壮観な景色となるんでしょうね。
 広い敷地の向こう側にはまた別の大きな建物があります。
ここはこの会社の事務所だそうで、社員の人達は此処で仕事をしています。ですので、一般の方は入ることができません。残念でしたね。
 ガレージショップに来てみました。ここにも既に多くの人がいましたね。アンティークな感じのものがあちこちに置かれていて、ほんとガレージそのままのショップでしたね。
 買い物だけじゃなくて、お店の人達が集めた?もの達を見るだけでも楽しい空間でしたね。
 こちらのショップでは、色々なパッケージの商品がならんでいました。中身のものはともかくも、色々な缶や紙箱が購買意欲をわかせるのでしょうかね。容器に手間もお金もかけているようでそれを楽しみに買ってゆくのでしょうかね。
 このお店のコンセプトが伺えますね。
 ガレージショップをざっと見て再び外にでてみました。時間があったら、あちこちを歩いて、座って休んで、お菓子を食べて、休んで、、、と、のんびり一日を過ごすことが出来そうです。
 1時になり、約束の時間にこの建物に入り、打ち合わせをしてきました。入り口の通路の扉の鍵を閉めて出てきました。周りはまた違う景色がいっぱいでした。
 また来ることがある、、でしょうか。今度来るときは、しっかり時間を使って、行楽客のようにのんびりと楽しみたいものですね。ここらへんは冬場は結構雪が降るそうで、雪に覆われた風景より、こうした多くの緑、自然の木々が茂り、花が咲き乱れる季節のほうがいいですね。
 そんなことを知っているんですね、土日は相当の人が押しかけるようで。そうなると、矢張り平日がいいのかな。
 ともかくも、貴重な時間をすごすことが出来ました。流石にまだこの場所は外国の人には知られていないかな、あまり見かけませんでした。
 さて、仕事は終わり、次は大阪です。気ままな旅です。